腫瘍

猫の腫瘍は犬と比べて悪性のことが多い?早期発見のコツとは

これは私の実家で飼っているアビシニアン(メス 12歳)のグレースの話です。ある日、私の母が何気なくグレースの体を撫でていたとき、右太ももにできものがあるのに気付きました。気付いたときには、すでに直径1.5cmもの大きさになっており、すぐにかかりつけの動物病院で検査を受けることに。このように猫の体にできものがあるのに気付いたときには、できるかぎり早期治療を行いましょう。なぜならば、犬と比べても猫の腫