病気

スコティッシュフォールドってどんな猫?折れ耳は病気ってホント?

人気猫種ランキング1位といえば『スコティッシュフォールド』。名前の「フォールド」は『折れ耳』という意味があります。スコットランドに起源をもち、「突然変異」で生まれた猫種です。 実は人気があるにもかかわらず、折れ耳の猫は『病気』であることをご存じですか?今回は『スコティッシュフォールド』について解説していきます。 スコティッシュフォールドの性格や特徴は? 性格は『おだやか』『甘えん坊』『人懐っこい』

「マンチカン」ってどんな猫?足長のマンチカンもいるってホント?

人気猫種ランキングでもおなじみの「マンチカン」は、「短足の猫」であることは知られていますね。実は足が長くても、中くらいでも、全てマンチカンであることをご存じでしたか? 今回は「マンチカン」について性格や特徴、寿命や価格、マンチカンのミックスについて解説していきます。 マンチカンの性格 マンチカンといえば「社交的」「賢い」「好奇心が強い」「運動神経抜群」といわれています。普段はまったりと寝て落ち着い

警告!猫の「がん」は○○が原因

猫は2匹に1匹は「ガン」になるといわれています。近年は室内飼いの増加、医療の進歩、ペットフードの品質向上、飼い主さんの努力によって猫の寿命が伸びています。 一方、長生きすることで、ガンにかかる猫が増えました。一体、ガンにかかる原因は何なのか?今回は「猫のガン」ついて解説していきます。 ガンはどんな病気 ガンは「悪性腫瘍」のこと。何らかの原因でできた異常な細胞が体の中でかたまり(腫瘍)、無秩序に増殖

春〜夏に増える!室内飼いでも「寄生虫対策」すべき理由

最近、愛猫が何日も下痢をしたり、食欲不振になったりしていませんか。「内部寄生虫」が原因かもしれません。春から夏にかけて「寄生虫」が活発になる季節です。何か対策をしていますか?人に感染するリスクがあるため、予防対策が必須です。 いまいちピンとこない方に向けて「内部寄生虫とはどんな病気か?」「予防する方法」など解説していきます。特に今後、子猫や野良猫を迎えたい方は知っておいてください。 内部寄生虫とは

春は猫にとってストレスが多いってホント?!

春は何かと変化の多い季節です。私たち人間も春はカラダや心にストレスがかかりやすく、メンタルが乱れるといわれています。そこで今回は、愛猫にとって、春はどんなことがストレスになるのか?対策法について解説していきます。 春ならでは!?猫にとって●●はストレス!その対処法とは ▼引っ越しなどの環境の変化 進学や人事異動などにより、引っ越しをする人もいますね。猫は環境の変化が苦手ですので、引っ越しによって自

猫は冬になると太るの?

クリスマス、大晦日、お正月……あったかいところでご飯を食べ、カラダを動かすのがしんどくなるのは私たち人間だけではありません。猫も冬に太りやすくなるといわれています。 そこで今回は、なぜ冬に猫が太るのか?太らないための対策法を解説していきます。 猫も冬に太るってホント!?その理由は? 猫も人間と同じで、あったかい場所でじっとしていたいものです。冬の寒さからカラダを守るために、多くのエネルギーを必要と

関節炎になりやすいのは高齢猫だけ?飼い主が知っておきたい原因と予防法

関節炎は、高齢猫がかかりやすい病気の一つです。愛猫が関節炎を発症した場合には、「適切な治療によって痛みを抑える」「関節に負担の少ない生活環境を整えていく」という2点がとても大事です。今回は、猫の関節炎について、注意したい症状や治療法、自宅で飼い主さんができるケアなどについて解説します。 関節炎とはどんな病気? 関節の軟骨がすり減ったり、変形したりして起こる関節の炎症です。猫の場合は、股関節や膝、肩

食事や点滴のコツは?慢性腎臓病の猫と少しでも長く過ごすための7カ条

15歳以上の猫の約8割が患っているという報告もあるなど、愛猫の高齢化に伴いリスクが増してくる「慢性腎臓病」。わが家の愛猫の左側の腎臓に萎縮が見られ、初期の慢性腎臓病だと判明したのはまだ6歳のとき。大変ショックでしたが、すぐにケアを始めて丸4年。先日、無事に10歳の誕生日を迎えることができました。本記事では、慢性腎臓病について、愛猫と1日でも長く過ごすために飼い主としてできる対策や習慣についてまとめ

ささみは猫のおやつになる?与えるときの5つの注意点とは?

猫はもともと肉食動物。愛猫にささみをあげてみたいなと思ったことがある飼い主さんもいることでしょう。今回は、猫にささみを与えてもいいのか、また与える際にどんな点に気を付ければいいのかについて解説します。 ささみは基本的に猫にあげてもOK 鶏のささみは、基本的に猫にあげてもかまいません。ささみは低カロリーで腹持ちが良く、水分補給にもなります。柔らかく食べやすいので、食欲が落ちているときには臨時食として

題名のない猫物語9〜猫にお薬を飲ませる技を習得!〜

猫にお薬を飲ませる技を習得! 私は一緒にお家に帰る外ないと思い、点滴が済むのを待ってからカメオを連れて帰りました。 それからは、ほぼ付きっきりで面倒を見ました。処方された飲み薬は苦く、餌に混ぜても吐き出してしまいます。連れて帰って来たことを後悔したくない一心で、まずは薬をどうにか飲ませるためにアイディアを尽くしました。 時間はかかりましたが、漸く効果的な技を習得しました! 座っているカメオを背後か