生活

猫も夢をみるの?寝言を言うってホント?

猫も夢をみるの?と考えたことはありませんか?わが家では、目の前で丸くなっている愛猫が寝ながら小さな声でつぶやいていたり、前足を宙で動かしていたりすることがあります。そんなときは、「もしかするとこの子も夢をみているのかな?」と想像してしまいます。今回は、猫も人間のように夢をみるのかという素朴な疑問に迫ります。 猫も夢をみるの? 猫が本当に夢をみているのか、もちろん猫本人に聞くことはできません。しかし

かわいいけど腕がしびれる!腕枕好きの猫と上手に寝る3つの方法!

猫を飼っていて、もっとも幸せなことのひとつが、猫と一緒に寝ることではないでしょうか。わが家の2匹は野生を失って久しく、人間と共に起きて、夜も一緒に寝ます。そして、1年中、必ず腕枕志願という筋金入りの甘えん坊です。いつもお世話になっている動物病院の院長先生いわく、飼い主の顔の近くで寝る子ほど甘えん坊だそうです。 腕枕に隠された2つの意味 猫が腕枕を求めるのには、大きく2つの意味があるといわれます。ひ

猫もやきもちを焼くの?やきもちを焼きやすいタイプや種類とは?

「猫もやきもちを焼くの?」と人に聞かれることがあります。科学的に証明はできませんが、私の経験からすると、猫も人間と同じように、時にそれ以上にやきもちを焼きます。今回はやきもちを焼きやすい猫のタイプや種類について紹介します。 やきもちを焼きやすい猫1.もともと一人っ子だった猫 もともと一人っ子として、飼い主さんの愛情をたっぷり受けて育った猫さんは、やきもち焼きになる傾向にあります。単頭飼いのときには

猫がグルグルと喉を鳴らすのはなぜ?音が鳴る仕組みとは?

わが家に生後5カ月のアズキがやってきたのは約7年前。見慣れぬ環境に緊張気味だったもののその晩から一緒に寝てくれ、翌日からは撫でられたり抱っこされたりするときにグルグル、ゴロゴロと喉を鳴らすようになりました。子どものときから猫と暮らしてきた私は、「ようやく慣れてくれた」と胸をなでおろしたのですが、猫を飼うのが初めてだった夫は隣で驚きの表情。小さな子猫の体から突如大音量で鳴り始めた謎のグルグル音に、「

猫に魚をあげてはダメってホント?海外の猫は魚を食べない?

「猫といえば魚」というイメージがありませんか?漫画でも、魚をくわえている猫の姿がよく描かれていますし、猫グッズにも魚のイラストがついていることが多いですよね。実は、猫が魚好きということはありません。猫は本来、鳥やネズミなどを丸ごと食べることですべての栄養素をバランスよくとってきた「真性肉食動物」です。そのため、魚だけをあげることは猫の栄養バランスを乱し、与え方によっては病気になってしまうこともある

猫のひげに隠された秘密とは?短くても大丈夫?

猫の絵を描くときに、特徴として描き加えるものといえば、ぴんと伸びた「ひげ」ではないでしょうか。見た目にも印象的なひげですが、機能面においても猫にとってはなくてはならないものなのです。今回は、猫のひげに隠された秘密について、詳しく掘り下げていきます。 抜群の感度を持つ優秀なセンサー 人間では、主に手の触覚を使いますが、ネコ科の動物においては「触毛(しょくもう)」が触覚の機能を果たします。中でも、ひげ

話題の「ねこじゃすり」を使ってみた!愛猫がうっとりとろけるってホント?

「猫がうっとりとろける不思議な道具」として、愛猫家の間で話題になっている「ねこじゃすり」をご存知ですか。今回は、猫と人間の新しいコミュニケーションブラシとして、注目を集めている「ねこじゃすり」を紹介します。 偶然の発見から開発された商品 ねこじゃすりの誕生秘話はユニークです。開発したのは、126年の歴史がある広島の老舗やすりメーカー。もともと、食品用の樹脂製のやすりの開発に取り組んでいたそうです。

香箱座りは猫がリラックスしている証拠!下手な猫もいる?

気づくと、飼い猫が前足をきれいに胸の内側に収めて座っているときがありますよね?このように少し背を丸めて前足と後ろ足をたたんで座っている猫の姿を、お香を仕舞うのに使われていた箱と形がよく似ていることから「香箱(こうばこ)座り」と呼びます。ちなみに、海外では細長い角食パンに似ているという比喩を込めて「catloaf」と呼ぶそうです。今回は、猫がなぜ「香箱座り」ができるのか、またそのようにして座っている

猫にミネラルウォーターはあげちゃダメ?砂漠出身の猫に水を飲んでもらうコツ

猫の健康を保つうえで、栄養バランスと同じくらい大事なのが「お水」です。猫の体重の約60~65%が水分であることを考えると、水はもっとも重要な栄養素ともいえます。もともと猫は砂漠出身です。そのため、水分補給が難しい環境下に適応してきたと考えられ、少ない飲水量で体を維持することができます。実際に、犬と比べても猫の水分必要量は犬よりも少なく、水分の喪失を抑えるために濃縮された尿を出します。猫に泌尿器系の

猫にチョコレートを食べさせてはダメ!その理由とは?

もうすぐバレンタインですね!バレンタインといえばチョコレート。専門店をはじめデパートの特設会場など、街中がこれだけチョコレートで溢れる時期はほかにはないでしょう。板チョコを買ってきて、自分でオリジナルのチョコレートに挑戦するという人もいるかもしれませんね。ただし、気を付けたいのが猫にとってチョコレートは「毒」であるということです。人間には甘くて美味しいチョコレートですが、猫が食べてしまうと、最悪死