生活

題名のない猫物語3

猫の赤ちゃんとの出会いと別れ そのお芋みたいな物体がピーピーと鳴き始めたので、急いでタオルで包んで濡れた体を無我夢中で拭き、母猫の顔の側に置きました。 それこそ、芋づる式に出てきたように記憶しています。最後の5匹目が生まれ出るまで、てんやわんやだったと思います。 翌朝、様子を見にいった際に、段ボールや敷いてあったタオルが赤茶に染まっているのを見て、酷く驚いたのを覚えています。 もし暗がりの中での出

題名のない猫物語2

はじめての出産 私はクラスの皆から猫好きだと思われていました。 友達を家に呼んで猫と会わせたり、クラス日記に愛猫の話題を書いていたからでしょう。 そのため、段ボールに子猫が捨てられているから来て欲しい、といった連絡がよくありました。 勿論、すぐに駆けつけて連れて帰りました。 段ボールに入れられて捨てられた猫は、当然子猫ばかりです。成猫とは違うので、寒くて死んでしまわないよう庭に4、5匹程がゆったり

題名のない猫物語1

昭和44年産まれ、現在50歳。ペンネームなし! 猫歴40年以上。 猫に関する文献を読み、研究をしたことなどもないので参考になる情報をお伝えする内容ではありませんが、私と猫達との歴史を通じて皆様に何かを感じて頂ければと思います。 私と猫のはじまり 猫との交流の始まりは小学1年生の時でした。 ある日、家の庭を通り過ぎる野良猫の中で、あるオスのどら猫に興味が湧いて煮干しをあげました。 するとその猫は毎日

猫にも血液型があるってホント?品種や地域による違いは?

愛猫の血液検査を行ったことはあっても、血液型の検査を行ったことがある飼い主さんは少ないのではないでしょうか。実は、人間と同じように猫にも血液型が存在します。ただし、存在するのはA型とB型、そして非常に珍しいAB型のみ。人間に多いとされるO型は猫にはいません。猫の血液型は品種や地域によって大きく異なる傾向にあり、それぞれについて見ていきましょう。 ほぼA型の品種も 猫の血液型は、基本的にはA型かB型

元気なのに猫がご飯を食べないのはナゼ?食欲アップにつながる7つの工夫

猫は食べ物の好みにうるさく、食べムラもある生き物です。「元気なのに急にご飯を食べてくれなくなった」「食欲不振なので血液検査をしたけれど何も異常はなかった」という経験がある飼い主さんも多いのではないでしょうか。飼い主にとって、愛猫がご飯を食べてくれないときほど心配なことはありません。そのため、次々と新しいフードを買ってきては試すということになりがちです。しかし、同じフードでも工夫次第でまた食べてくれ

【後編】猫の誤飲はこんなに怖い!わが家で起きた事件から学んだ教訓

前回に引き続き、猫の誤飲の恐ろしさについて解説します。前編では、わが家で起きた誤飲騒動について説明しましたが、後編では誤飲が疑われる際のチェックポイントや毒性があるものを飲み込んでしまったときの注意点について説明します。 誤飲が疑われる場合のチェックポイントは3つ 猫が誤飲してしまったかもしれない場合は、「何を飲み込んだか」「いつ飲み込んだか」「体調に異変は起きているか」の3つのポイントをチェック

猫の誤飲はこんなに怖い!わが家で起きた事件から学んだ教訓

愛猫の安全対策は飼い主の大事な役割のひとつですが、中でも特に管理が難しいのは「誤飲防止」ではないでしょうか。猫は何といっても遊ぶのが大好き。輪ゴムやビニール、見つけたものは何でもすぐオモチャにしてしまいます。ガジガジと噛むだけでなく、ほんのちょっと目を離したすきに、口に入れて飲み込んでしまう場合も。今回は、わが家で実際に起きた誤飲事件について紹介します。 それはほんの一瞬の出来事 わが家では2匹の

甘えん坊の猫にぴったり!話題のにゃんガルーパーカーを使ってみた!

すぐに飼い主さんの膝に乗りたがる甘えん坊な猫は本当にかわいいもの。しかし、あまりにも甘えん坊過ぎて、用事が滞ってしまうことはありませんか。たとえば、私のように自宅でパソコンに向かう仕事の場合は、愛猫がしょっちゅう膝を占拠し、腕をつかんで甘えてくるので、キーボードが打てなくなってしまいます。「猫に甘えさせてあげたいけれど自分の用事は済ませたい!」という飼い主さんにおすすめなのが、今回紹介する「にゃん

猫の自宅点滴のメリットとは?飼い主でもできるってホント?

人間と同様に、猫にも点滴治療が行われることがあります。猫の点滴治療は、主に前足に行う「静脈点滴」と主に背中の皮下に行う「皮下点滴」の2種類。皮下点滴は静脈点滴と比べると比較的投与が楽なため、病院によっては飼い主に自宅点滴を許可している場合もあります。わが家は、慢性腎不全の治療中の愛猫のために数カ月前から自宅での皮下点滴を隔日で行っています。今回は、その経験をもとに、飼い主目線での猫の自宅点滴のメリ

猫の腫瘍は犬と比べて悪性のことが多い?早期発見のコツとは

これは私の実家で飼っているアビシニアン(メス 12歳)のグレースの話です。ある日、私の母が何気なくグレースの体を撫でていたとき、右太ももにできものがあるのに気付きました。気付いたときには、すでに直径1.5cmもの大きさになっており、すぐにかかりつけの動物病院で検査を受けることに。このように猫の体にできものがあるのに気付いたときには、できるかぎり早期治療を行いましょう。なぜならば、犬と比べても猫の腫