点滴

食事や点滴のコツは?慢性腎臓病の猫と少しでも長く過ごすための7カ条

15歳以上の猫の約8割が患っているという報告もあるなど、愛猫の高齢化に伴いリスクが増してくる「慢性腎臓病」。わが家の愛猫の左側の腎臓に萎縮が見られ、初期の慢性腎臓病だと判明したのはまだ6歳のとき。大変ショックでしたが、すぐにケアを始めて丸4年。先日、無事に10歳の誕生日を迎えることができました。本記事では、慢性腎臓病について、愛猫と1日でも長く過ごすために飼い主としてできる対策や習慣についてまとめ

猫の自宅点滴のメリットとは?飼い主でもできるってホント?

人間と同様に、猫にも点滴治療が行われることがあります。猫の点滴治療は、主に前足に行う「静脈点滴」と主に背中の皮下に行う「皮下点滴」の2種類。皮下点滴は静脈点滴と比べると比較的投与が楽なため、病院によっては飼い主に自宅点滴を許可している場合もあります。わが家は、慢性腎不全の治療中の愛猫のために数カ月前から自宅での皮下点滴を隔日で行っています。今回は、その経験をもとに、飼い主目線での猫の自宅点滴のメリ