歴史

江戸時代から、猫はやっぱり猫だった!浮世絵の中にみる猫たち

日本が世界に誇る芸術のひとつが浮世絵です。江戸時代、多くの絵師によって、さまざまな浮世絵作品が描かれました。浮世絵に描かれているのは美女や人気役者、名所だけではありません。当時の武士や町人、農民をはじめ、江戸に暮らす一般の人々もモデルとなっています。そして、その傍らには猫の姿も。自分の懐に猫を入れて浮世絵を描いていたほど無類の猫好きであった歌川国芳をはじめ、「名所江戸百景」などで知られる歌川広重も