カメオ

題名のない猫物語9〜猫にお薬を飲ませる技を習得!〜

猫にお薬を飲ませる技を習得! 私は一緒にお家に帰る外ないと思い、点滴が済むのを待ってからカメオを連れて帰りました。 それからは、ほぼ付きっきりで面倒を見ました。処方された飲み薬は苦く、餌に混ぜても吐き出してしまいます。連れて帰って来たことを後悔したくない一心で、まずは薬をどうにか飲ませるためにアイディアを尽くしました。 時間はかかりましたが、漸く効果的な技を習得しました! 座っているカメオを背後か

題名のない猫物語8

カメオは、これまでにも引っ越しは何度も経験をしており、環境の変化には柔軟に適応できる様子で、ストレスをためて体調を崩すようなことはありませんでした。けれども、1晩1人ぼっちで置き去りにされてしまったのは、かなりのストレスだったようです。、元々甘えん坊なカメオの甘えっぷりはさらに増し、新居で私はカメオから四六時中監視されていました。側から離れません。 そして、食いしん坊なはずのカメオの食欲は次第にな

題名のない猫物語7

いま、一緒に暮らしている猫 そろそろ、現在一緒に暮らしている猫達を紹介したいと思います。 スコティッシュ・フォールド (クリーム・ ロングヘアー♂14歳)と、エキゾチック・ショートヘアー (トーティーシェル・セミロング♀9歳)の2匹です。 今までは、捨て猫や貰い猫、里親として引き取った雑種ばかりだったので、初めてペットショップで買った初めての血統証付きの猫達です。 結婚していた頃は、夫が猫が苦手で