最新記事

題名のない猫物語1

昭和44年産まれ、現在50歳。ペンネームなし! 猫歴40年以上。 猫に関する文献を読み、研究をしたことなどもないので参考になる情報をお伝えする内容ではありませんが、私と猫達との歴史を通じて皆様に何かを感じて頂ければと思います。 私と猫のはじまり 猫との交流の始まりは小学1年生の時でした。 ある日、家の庭を通り過ぎる野良猫の中で、あるオスのどら猫に興味が湧いて煮干しをあげました。 するとその猫は毎日

猫にも血液型があるってホント?品種や地域による違いは?

愛猫の血液検査を行ったことはあっても、血液型の検査を行ったことがある飼い主さんは少ないのではないでしょうか。実は、人間と同じように猫にも血液型が存在します。ただし、存在するのはA型とB型、そして非常に珍しいAB型のみ。人間に多いとされるO型は猫にはいません。猫の血液型は品種や地域によって大きく異なる傾向にあり、それぞれについて見ていきましょう。 ほぼA型の品種も 猫の血液型は、基本的にはA型かB型

元気なのに猫がご飯を食べないのはナゼ?食欲アップにつながる7つの工夫

猫は食べ物の好みにうるさく、食べムラもある生き物です。「元気なのに急にご飯を食べてくれなくなった」「食欲不振なので血液検査をしたけれど何も異常はなかった」という経験がある飼い主さんも多いのではないでしょうか。飼い主にとって、愛猫がご飯を食べてくれないときほど心配なことはありません。そのため、次々と新しいフードを買ってきては試すということになりがちです。しかし、同じフードでも工夫次第でまた食べてくれ

【後編】猫の誤飲はこんなに怖い!わが家で起きた事件から学んだ教訓

前回に引き続き、猫の誤飲の恐ろしさについて解説します。前編では、わが家で起きた誤飲騒動について説明しましたが、後編では誤飲が疑われる際のチェックポイントや毒性があるものを飲み込んでしまったときの注意点について説明します。 誤飲が疑われる場合のチェックポイントは3つ 猫が誤飲してしまったかもしれない場合は、「何を飲み込んだか」「いつ飲み込んだか」「体調に異変は起きているか」の3つのポイントをチェック

猫の誤飲はこんなに怖い!わが家で起きた事件から学んだ教訓

愛猫の安全対策は飼い主の大事な役割のひとつですが、中でも特に管理が難しいのは「誤飲防止」ではないでしょうか。猫は何といっても遊ぶのが大好き。輪ゴムやビニール、見つけたものは何でもすぐオモチャにしてしまいます。ガジガジと噛むだけでなく、ほんのちょっと目を離したすきに、口に入れて飲み込んでしまう場合も。今回は、わが家で実際に起きた誤飲事件について紹介します。 それはほんの一瞬の出来事 わが家では2匹の