最新記事

家族として猫を迎えるときの選び方②短毛種と長毛種のどちらがいい?

猫といっても、短毛と長毛では大きく雰囲気が異なりますよね。それぞれに魅力があり、どちらを飼いやすいと感じるかも好みが分かれるところです。特徴や性格、グルーミングの頻度などの違いを先に知っておくことで、迎える猫さんを決めやすくなるかもしれません。そこで今回は、猫を迎えるならば「短毛か長毛か」という2つ目のポイントについて、複数の観点から解説しますので参考になさってください。 短毛種の性格や特徴 ・本

手間いらずと評判の無印良品の猫草を育ててみた!育て方のコツや愛猫の反応は?

愛猫のために自宅で猫草を栽培している飼い主さんも多いのではないでしょうか。わたしもそのひとりです。愛する猫のために・・・と思っても、植物の栽培には「土で汚れる」「虫が来る」「鉢の処分に困る」などの悩みがつきものですよね。今回は、そんな面倒な悩みを解消してくれる「無印良品の猫草栽培セット」をご紹介します。 そもそも猫草とは 猫草とは、猫が好んで食べる草の総称です。えん麦や小麦、大麦など、背の低いイネ

家族として猫を迎えるときの選び方①子猫と成猫のどちらがいい?

猫を迎えたいけれど、どのように猫を選べばいいのか悩んでしまうという方も多いことでしょう。家族として猫を迎えるときの選び方には「オスかメスかの性別」のほかに大きく、「子猫か成猫か」「純血種かミックスか」「短毛か長毛か」という3つのポイントがあります。猫報ではこれから3記事に分けて、ポイントをひとつずつ紹介していきます! 今回は、「子猫か成猫か」という1つ目のポイントについて、メリットや注意点などを交

食事や点滴のコツは?慢性腎臓病の猫と少しでも長く過ごすための7カ条

15歳以上の猫の約8割が患っているという報告もあるなど、愛猫の高齢化に伴いリスクが増してくる「慢性腎臓病」。わが家の愛猫の左側の腎臓に萎縮が見られ、初期の慢性腎臓病だと判明したのはまだ6歳のとき。大変ショックでしたが、すぐにケアを始めて丸4年。先日、無事に10歳の誕生日を迎えることができました。本記事では、慢性腎臓病について、愛猫と1日でも長く過ごすために飼い主としてできる対策や習慣についてまとめ

ささみは猫のおやつになる?与えるときの5つの注意点とは?

猫はもともと肉食動物。愛猫にささみをあげてみたいなと思ったことがある飼い主さんもいることでしょう。今回は、猫にささみを与えてもいいのか、また与える際にどんな点に気を付ければいいのかについて解説します。 ささみは基本的に猫にあげてもOK 鶏のささみは、基本的に猫にあげてもかまいません。ささみは低カロリーで腹持ちが良く、水分補給にもなります。柔らかく食べやすいので、食欲が落ちているときには臨時食として