ねこラム

題名のない猫物語12〜セルカーク・レックスとの運命的な出会い〜


今年の厳しい暑さもやわらぎ始めましたが、コロナ予防でマスクが欠かせない日々が続いています。
一時と比べれば大分涼しくなってきているとはいえ、マスクをし続けているのは正直キツイです。
とはいえ、自分が元気でいてこそ愛猫を守ってあげることができるので、体調管理には人一倍気を使っています。
猫もコロナにかかるそうですので尚更です。

また、熱中症に弱い猫種もいるようですので、一般的に猫は寒がりとはいわれますが、暑さにも気をかけてあげたいものです。実は…この「熱中症に弱い猫種」を知ったのは、その猫種の子猫をお迎えすることになったからなんです!!近日です!!

私は、これまで猫を飼いたいとあらかじめ思って行動したことはなく、捨て猫、のら猫、里親、フラッと立ち寄ったペットショップでの衝撃の出会いからの衝動買い、などのいわゆる「縁」をきっかけに、それぞれの猫達と暮らしてきました。
今はカメオとティコの二匹と、彼らに癒される日々を送っていますが、数週間前にある犬種を知り、興味が湧いて犬を飼うことを実は考え始めていました。

「甲斐犬」と言う犬種で、秋田犬や土佐犬に並ぶ日本を代表する国産犬です。
熊とも闘う強さと勇敢さ、愛情豊かですが誰にもは懐かず、認めた相手にしか心を許さないという気質を持つ犬種です。

今年51歳を迎えたこともあり、一生面倒をみてあげられる最後の機会かとも思い、この甲斐犬を飼うことを考え始めていたのです。その矢先にです!!スマートフォンで何かの検索中に、全く関係のないページの広告が目に飛び込んできました。
それは、猫のブリーダーとのマッチング・サイトの広告でした。

目に飛び込んできた「みんなの子猫ブリーダー」さんのサイトはこちら

猫の画像を見ることは大好きなので、興味本意に子猫達の写真を見ていました。その中の、セルカーク・レックスという猫種の子猫に、強く心が揺れてしまいました。

セルカーク・レックスの子猫

セルカーク・レックスの子猫

セルカーク・レックスの子猫

5匹兄弟で、皆がそれぞれ可愛いのです。他の猫種の子猫達も勿論可愛いのですが、この兄弟の中の紅一点の子に、次元を超えて心惹かれてしまったのです。そしてなんと、直ぐさまブリーダーさんに問い合わせをして、まだ会ってもいないのに、その子を引き取ることを決めてしまいました!!

つづく