ねこラム

愛猫のしっぽに注目!動きや状態から猫の気持ちを読み取ろう!


猫のしっぽは長さや太さもさまざま。しかし、猫はしっぽを自在に動かして感情を豊かに表現します。今回は、しっぽの動きや状態から読み取れる猫の気持ちについて紹介します。

嬉しいときのしっぽ

機嫌が良いとき、猫のしっぽは上がっています。ピンとしっぽを立てて近づいてくるとき、猫は飼い主に甘えたい、かまってほしいと思っています。名前を呼んだとき、しっぽをピンと立てて駆け寄ってくる猫は、飼い主さんが大好きだといえます。また、しっぽの先を軽く曲げているのは、「遊ぼう」というサインです。

「遊んでほしいニャ」

ご機嫌ななめのときのしっぽ

寝そべったり、香箱座りをしたりしながら、しっぽだけをブンブンと大きく左右に振っているときの猫はイライラしています。このときは、ちょっかいを出さずにそっとしておきましょう。猫の気持ちを無視してしつこく触り続けると、急にガブッと噛まれてしまう可能性もあります。

興奮状態のしっぽ

驚いたときや恐怖を感じたとき、猫のしっぽは瞬時に大きく膨らみます。このとき、猫は興奮状態にありますので、むやみに近づかないのが得策です。興奮した猫に、噛まれたり引っかかれたりする恐れがあります。興奮しているときには猫も手加減できません。興奮がおさまれば、しっぽも元通りになります。

狩りをするときのしっぽ

目の前に獲物となる対象を見つけたとき、猫はしっぽの先をピクピクと動かします。そして、お尻を左右にプリプリと振って獲物にとびかかります。確実に獲物をしとめられるよう、猫はしっぽを使ってバランスを取っているのです。このときの猫は、ハンターとして集中状態にあるといえます。

猫のしっぽは、絶対にひっぱらないこと!

くねくねと自在に動くしっぽには、もちろん「尾骨神経」という神経が通っています。そのため、踏まれたり引っ張られたりすると痛みを感じます。また、猫のしっぽの神経は、下半身の重要な機能ともつながっているのです。強くひっぱると、しっぽだけでなく排せつや歩行など下半身の機能に影響を及ぼしてしまう恐れも。小さいお子さんがいる家庭では、特に気を付けましょう。

これは何のサイン?

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター