ねこラム

猫が食パンを食べたがる!あげても大丈夫?


実家から、かわいい食パンをお土産にもらいました。その名も、「ねこねこ食パン」。三角の耳がついた猫の顔型の食パンです。愛らしい見た目に感動した私は、食してみてその本格的な味わいにさらに感動!水分は100%ミルクのみなので、風味豊かでほんのり甘い。見て楽しく、食べても楽しい「ねこねこ食パン」は、プレーンのほか、チーズやチョコレート、アズキなど味のバリエーションも豊富。ソースで愛猫の似顔絵を描いてみるのも楽しいですね。

食べるのがもったいない!(値段は、プレーンで1本450円+税)

ねこねこ食パンについて

焼きたての食パンの匂いに誘われるのは人間だけではない

焼きたての食パンは、香ばしくて本当にいい匂いがしますよね。愛猫が近くに寄ってきて、目を細めて匂いを嗅いだり、前足を伸ばしてきて欲しそうにすることはありませんか?プレーンの食パンなら害がなさそうだからあげても大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、猫にパンをあげるのはNGです。

猫にパンをあげてはいけない理由

プレーンな食パンでも、実はたっぷりと食塩が使われています。バターもたくさん使いますので脂肪分も多く、人間の味覚に合わせて砂糖も含まれています。人間用に調整されたパンは、猫にとっては病気のリスクになる食べ物ですので、安易な気持ちで猫にあげるのはやめましょう。加えて、パンに練りこまれていることの多いチョコレートは、猫が中毒を起こす危険性の高い食材です。これらのことを踏まえると、いくら愛猫が興味を示したからといって、猫にあえてパンを食べさせる理由はありませんよね。

猫は本来、肉食動物であることもお忘れなく!

猫はもともと肉食動物であるため、脂肪や高濃度のたんぱく質が十分に与えられていれば、体内でブドウ糖を転換産出することができます。つまり、猫は人間のように炭水化物を必要としませんし、消化吸収も不得意です。したがって、パンは猫にとって相性の良くない食べ物ですので、与えるのは控えましょう。

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター