ねこラム

猫は人間よりも寒がり!冬におすすめのあったかグッズを紹介!


ついに冬到来!わが家の猫たちも、秋口から積極的に出窓の日向に出たり、ヒーターで暖を取ったりするようになりました。猫は基本的に人間よりも寒がりです。人間的には「まだあんまり寒くないかな」と感じていても、猫からすると「十分寒い」場合も。冬は猫も体調を崩しやすい時期です。特に、お腹の弱い子は冷えると下痢もしやすくなりますので、前もって防寒対策することが肝心。今回は、冬におすすめのあったかグッズの選び方やおすすめの商品を紹介します。

冬は苦手・・・

冬は苦手・・・

あったかグッズ1:猫ベッド

猫の防寒対策の代表が、ふかふかの猫ベッドですよね。猫ベッドの防寒効果を高めるポイントは次の2つです。1つ目は、「ジャストフィットサイズ」のものを選ぶこと。ベッドと猫の間に隙間がなければ保温効果も高まります。愛猫の体型や大きさを踏まえて、ぴったりはまるサイズを選びましょう。2つ目は、「トンネルやテントタイプ」にすること。猫の体がしっかりと覆われるので、耳の先からしっぽまでぬくぬくに。真冬には、ベッドの下にペットヒーターを置いてあげれば、より温かく快適に過ごせます。

手洗いできるラウンド深型ベッド
猫の体にぴったりとフィットしやすい丸型のベッド。ふかふかの生地で深さもあるので保温効果も期待できます。手洗いできるので清潔も保ちやすいですね。

ノルディック柄もこもこトンネルベッド
見た目に冬らしくインテリア性も高いベッド。爪の引っかかりにくさに考慮した生地なので、猫が気に入れば長く使っていけます。

寒さ対策にはカプセルタイプもおすすめ

寒さ対策にはカプセルタイプもおすすめ

あったかグッズ2:防寒服

用意した猫ベッドを使ってくれないときやお留守番が長いケースでは、防寒服を着せてあげるのも手です。ただし、犬と違って猫の場合は、洋服を着せられるのを嫌がる子のほうが多いのではないでしょうか。猫の洋服選びにおいては、次の2つのポイントを意識しましょう。1つ目は、「腕を通さないデザイン」を選ぶことです。腕を通すか通さないかで、着させやすさが大きく変わってきます。2つ目に、「心地よく温かい素材」にこだわることです。着ていて心地よく、保温性が高い素材を選ぶことがストレス軽減にもつながります。

チェック柄マント風コート
マントタイプなので腕を通す必要がなく、洋服を嫌がる子にはおすすめです。内側がフリース素材になっているので温かく、背中までしっかりと覆われます。

オーガニックコットン100%Tシャツ
オーガニックコットン素材だけで作られているので肌触りが良く、脱着もしやすい犬猫兼用のペット服。植物染料の優しい色合いも素敵ですね。

大切な愛猫を冬の寒さから守ろう!

紹介したほかにも、ペット用のこたつや床暖房も、寒がりな猫にはおすすめです。冬は動物病院も混みがちですし、待合室で別のウィルスをもらってしまうリスクも高まります。早くから防寒対策に取り組み、大切な愛猫を冬の寒さから守りましょう。

ここから動かない!

ここから動かない!

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター