ねこラム

猫も返事をする!声を出さずに口だけ動かして返事をする理由とは?


犬と比べると猫はあまり鳴かないと思っている人も多いのではないでしょうか。個体差もありますが、飼われている猫の中にはよく鳴く子も多くいます。しかも、ただ一方的に鳴くのではなく、飼い主に向かって話しかけたり何かを要求したりするために鳴くのです。わが家の猫たちも大変おしゃべりです。しかも、1匹はボイスレスキャットと称されるロシアンブルー。飼っている2匹とも、私の目を見ながらとにかくよく話しかけてきます。さらに、私が名前を呼ぶとかなりの高確率で律義に返事をしてくれます。

「あなたに用事があります」

「あなたに用事があります」

猫の返事にはどんな意味がある?

猫の鳴き声のメカニズムや理由は知られていません。しかし、長年猫と暮らしてきた私には、彼ら彼女たちの返事にはしっかりとした意志や感情を感じます。柔らかい鳴き方で最後が上がるときは「なあに?」という質問のニュアンス。短くはっきりと返事をするときには、「自分はここにいるよ!」という主張のように聞こえます。ときに話しかけても返事をせず、しっぽだけをパタパタさせているときもあります。これはあまり猫のご機嫌が良くないときかもしれません。しつこくせずに、そっとしておいてあげましょう。

「私ここにいるよ!」

「私ここにいるよ!」

たまに声が出ていない理由がとてもかわいい!

わが家では私や夫が話しかけると返事をしてくれますが、たまに猫の声が出ていないことがあります。口だけパクパクしている感じですね。空気が乾燥していて声が枯れているのかなと思っていたのですが、声が出ていないときは人間には聞こえない超音波(高い周波数の音)で鳴いているとも考えられるそうです。超音波は母猫と子猫のコミュニケーションで使われるものです。つまり、このような超音波の鳴き方でこたえる口パク返事の場合は、飼い主を母親だと思っているのかもしれません。そう考えると何とも愛おしくなりますね。

猫からの呼びかけにはやや高めの声で返事をしよう!

猫たちのほうから話しかけてくれたときには、私も必ず返事をします。普段よりもやや高めの声で、「どうしたの?」「なあに?」と優しく返事をしてあげると、猫たちのテンションもアップ。初対面の場合、猫が一般的に男性よりも女性のほうに心を許しやすいのは、体の大きさもあるかもしれませんが、声の高さもその一因だといわれます。返事の際にはできるだけ猫と目線を合わせてあげましょう。猫は人間よりもはるかに耳が良いので、大きな声は苦手です。小さな声で良いので、猫の気持ちに寄り添うように優しく返事をしてあげるのがポイントです。日々返事をしあうだけでも、猫との心の距離はぐっと縮まります。猫との返事を通して、より一層コミュニケーションを深めてみてはいかがでしょうか。

 

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター