ねこラム

江戸時代から、猫はやっぱり猫だった!浮世絵の中にみる猫たち


日本が世界に誇る芸術のひとつが浮世絵です。江戸時代、多くの絵師によって、さまざまな浮世絵作品が描かれました。浮世絵に描かれているのは美女や人気役者、名所だけではありません。当時の武士や町人、農民をはじめ、江戸に暮らす一般の人々もモデルとなっています。そして、その傍らには猫の姿も。自分の懐に猫を入れて浮世絵を描いていたほど無類の猫好きであった歌川国芳をはじめ、「名所江戸百景」などで知られる歌川広重も数々の猫たちを絵に残しました。今回は、浮世絵をテーマに、江戸時代の人々と猫との関係性について迫っていきます。

じーっ

じーっ

猫の起源

猫が飼育されていたと考えられる最古の形跡は、約9500万年前。キプロス島の遺跡に、人の遺骨と共に明らかに埋葬されたとみられる猫の骨が発見されています。早くから猟犬や番犬としての役割を果たしていた犬と比べて、服従性の低い猫の飼育が開始された時期は遅く、人の手による改良も犬ほど盛んには行われませんでした。そのため、猫の体形は古代とほとんど変わらず、違いがあっても色や模様といった外観上の差に過ぎません。紀元前1000年頃にエジプトで神聖な動物として崇められていた猫たちの姿も、今の猫たちとほとんど変わりませんよね。

日本では江戸時代から猫が一般的に

日本へは、中国や朝鮮から伝来した仏教の経典をネズミから守るために、一緒に船に乗せられてやって来たとされています。しかし当時の日本では、まだまだ猫は希少でした。猫の繁殖が進んだのは江戸時代です。食物が増えて人間だけでなく猫たちも暮らしやすくなったことに加えて、前述の歌川国芳や歌川広重などが描いた愛らしい猫の姿も、人気を後押したのではないでしょうか。実際に、絵師たちが描く猫たちは、本当に魅力的です。球を取ってふざけてみたり、好きな形で寝転がったり、悠々と毛づくろいしたりと、とにかく自由気ままで生き生きとしています。要するに、私たちが今可愛がっている猫たちの様子とまったく変わりません。

遊んだり、眠ったり、お手入れしたり、ああ忙しい・・・

遊んだり、眠ったり、お手入れしたり、ああ忙しい・・・

広重が描いた遊女屋の猫

歌川広重が「名所江戸百景」の中に残した「浅草田甫酉の町詣(あさくさたんぼとりのまちもうで)」は、猫特有のクールさをうまく捉えた作品です。当時、浅草田甫には吉原で働く女性の控屋がありました。猫の座る格子窓越しに、縁起物の熊手を担いで歩く行列などから浅草の酉の町(市)の様子が見えます。首輪を付けていないということは、おそらく野良猫なのでしょう。近くにいるのであろう遊女の姿は描かれず、商売道具であるかんざしが襖の近くに見えるだけです。室内の出来事には関心を持たず、背を向けて外を眺めている猫の様子は、もしかすると作者の目線なのかもしれません。

自由に行きたいところに行けない遊女たちは、気ままに出入りしている猫たちにどんな思いを馳せていたのでしょうか。もしかすると、気まぐれに外の空気をまとってふらりとやってくる猫たちは、孤独な遊女たちの癒しだったのかもしれません。夕暮れ時の格子窓に佇む一匹の猫の姿を通じて、そんなことを想起させる情緒的な作品です。

「浅草田甫酉の町詣」安政四年

「浅草田甫酉の町詣」安政四年

今も昔も、何を考えながら外を眺めているのでしょう

今も昔も、何を考えながら外を眺めているのでしょう

江戸時代から人々に愛されて、そして人々を癒してきた猫たち。数百年前から、好奇心いっぱいで甘え上手で、そして時たまクールなその本質は変わっていないのかもしれませんね。

 

参考文献
浮世絵「名所江戸百景」復刻物語 東京伝統木版画工芸協会

 

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター