ねこラム

猫に歯磨きは必要?歯周病が引き起こす病気とは?


人間と同じように猫にも歯磨きが必要です。歯についた歯垢をそのままにしておくと歯石となり、歯周病を引き起こします。さらに、歯周病菌や毒素が血液中に入り込み、全身にまわって心臓、腎臓、肝臓などの内臓疾患の引き金になる可能性もあるのです。歯の痛みから、ご飯を食べなくなる場合も。歯周病といっても、動物の場合は軽く考えてはいけないのです。愛する猫に、できるだけ健康に長生きをしてもらいたいのであれば、やはり歯磨きは行うほうがよいでしょう。

できれば毎日、難しい場合は3日に1度

猫の場合、3日で歯垢と言われる汚れから、歯石の固まりに変わります。毎日歯を磨くことが理想ですが、難しい場合には、3日に1度でも行うと歯を綺麗に保つことができます。漠然と構えているとすぐに数日経ってしまいますので、3日に1度の場合はあらかじめ曜日を決めるなどして、飼い主のスケジュールに組み込んでおくと、ルーチーン化しやすくなります。また、一度ついてしまった歯石は歯磨きでは取れません。
歯磨き用のおやつも市販されていますが、歯磨きの効果を出すためにはかなりの量を食べさせないといけないものが多く、カロリー過多になる恐れも。経済面でも最適な方法とはいえないでしょう。

夕飯の後は、楽しい歯磨きの時間です

夕飯の後は、楽しい歯磨きの時間です

嫌がる猫にどうやって歯磨きすればいいの?

基本的に猫は歯磨きを嫌がります。特に、成猫になってからの歯磨きであればなおさらです。嫌がる場合は無理をせず、段階を踏んでいきましょう。まずは、普段から猫の顔や口の周りを触るなどして慣らしておきましょう。最初は指に巻き付けるタイプのガーゼやコットンなどを使って磨くことから始め、慣れてから歯ブラシに移行することをおすすめします。
いきなり口の中全体を磨こうとすると、時間も手間もかかり、猫も我慢が出来ずに嫌がってしまいます。最も歯石が付着しやすい箇所は、上顎の奥歯の外側です。猫が嫌がる場合は、まずはここだけにポイントを絞って磨いてあげるようにしましょう。歯磨きペーストは必要なく、水だけでも大丈夫です。

わが家で使用している歯磨きグッズ

わが家で使用している歯磨きグッズ

できれば2人体制で、スピーディに

猫が抵抗を始める前に、1~2本だけでも済ませてしまいましょう。慣れてくれると少しずつ磨くことができる歯の本数が増えてゆくことも期待できます。2人で出来るのであれば、1人が猫の体をしっかりと押さえ、もう1人が顔を固定して上唇をめくり、上の奥歯の外側を手早く磨きましょう。

無理に頑張りすぎると、猫のストレスになります。嫌がる場合は無理強いせず、徐々に慣らしていきましょう。顔でもどこでもスキンシップ大好き、爪切り、耳掃除も大丈夫なわが家の猫たちでも、成猫になってからの歯磨きには抵抗を示します。やはり歯磨きは、子猫のうちから慣らしておくべきだったと、日々痛感しています。

歯磨きセットを前に、不穏な空気をキャッチ!

歯磨きセットを前に、不穏な空気をキャッチ!

 

参考文献
「かわいい猫の飼い方・しつけ方」ナツメ社

 

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター