ねこラム

猫は味わってご飯を食べてる?甘みを感じないってホント?


一般的に、猫は人間よりも食べ物の味を感じないと言われています。
しかし、その一方で猫は食べ物へのこだわりが強いとも言われています。
好き嫌いのはっきりしたグルメさんも多くおり、お気に入りのフードでなければ食べないという猫さんの話もよく耳にします。
そこで今回は「猫に味覚はあるのか?」という素朴なギモンに迫ってみたいと思います。

味覚の敏感さは「味蕾の数」で決まる。動物の中で味蕾がいちばん多いのは?

「味蕾(みらい)」という単語を聞いたことがあるでしょうか?
この味蕾は動物の舌にあり、味を感じとる器官です。味蕾の数が多いほど、味覚が発達していると考えられています。
味蕾の数は動物によって大きく異なります。例えば私たち人間の大人には、約8000~10000個ほどの味蕾があります。
対して猫は、約500~800個程度です。最も多いのがウシで約25,000個ほどとも言われています。草の中には毒を持つものもあり、食べられる草と危険な草を判断するために味覚が発達していると考えられています。
反対に肉食動物でネズミなどの餌を丸のみにする習性の猫は毒性のものを食べるリスクが少ないため、味蕾も少ないと考えられています。
「美味しく楽しく」食事をする人間と違って、動物にとっての食事の第一の目的は「栄養の補給」です。そのため動物の味覚は、「美味しいものを味わう」というよりは、「安全なものを見極める」ために発達しているといえます。

人間の食事について勉強中

人間の食事について勉強中

味覚のなかでは「苦味」に最も敏感。その理由は?

味には、「うま味」、「甘味」、「酸味」、「塩味」、そして「苦味」の5つがあります。人間の味覚を平均値とした場合、猫が人間より敏感に感じることができるのは「苦味」だけです。
「酸味」は同等レベル。「塩味」はあまり感じることはできず、最も鈍感なのが「甘味」です。
前述のとおり、動物たちの味覚は安全な食物を探すために発達してきました。
猫が人間よりも苦味に敏感なのは、餌が腐っていないかを見極めるためだと考えられています。

それでも、好き嫌いがあるのはなぜ?

それでも、猫には食べ物の好き嫌いがあります。
別のコラムで猫の嗅覚の敏感さについて紹介しましたが、実際に猫の食の好みを決めるのは、味ではなく「匂い」のようです。
猫は味覚の未発達の部分を優れた嗅覚で補っています。同じフードでも開けたてのアルミパックから出したものを別のフードのように喜ぶのは新鮮な匂いがするためです。
たまに市販の猫用おやつなどをあげると歓喜するのも、味よりも匂いに反応しているからです。
フードの食いつきを継続させるために、私はアルミパックの中に脱酸素剤と乾燥材を追加しています。猫たちにより長く匂いを残すためのささやかな工夫です♪

笑っているわけではない?猫はなぜフレーメン反応をするの?

あやしいもの発見!まずは匂いでかくにんニャ!

あやしいもの発見!まずは匂いでかくにんニャ!

 

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター