ねこラム

笑っているわけではない?猫はなぜフレーメン反応をするの?


自分のお尻をなめた後や、何かモノの匂いを嗅いだ後、猫さんが口をぽかーんと半開きにして、笑っているような独特の表情をみせることがありませんか?
猫のこういった行動は、「フレーメン反応」と呼ばれる生理現象です。愛猫がふだんは見せない面白い表情になるのには理由があります。今回は、小さく見えて非常に奥が深い、猫の鼻についてのお話をさせていただきます(^^♪

猫の鼻

小さいけれど、すぐれた嗅覚とさまざまな役割を持つ猫の鼻

一見してとても小さく見える猫の鼻。しかしその鼻腔の内部は凹凸に富んでいます。
犬には劣るものの、猫は人間よりもはるかに優れた嗅覚を持ちます。
鼻孔からの吸気は鼻腔内を通り、奥にある嗅上皮(きゅうじょうひ)粘膜の粘液にとけこみます。
嗅上皮には神経や血管が集結しており、人間よりもはるかに多い膨大な数の嗅覚細胞があります。
知覚された匂いは嗅覚細胞を刺激し、最終的に大脳へと伝達されます。

猫が犬のように狩りに嗅覚を使うことはほとんどありません。
しかし、猫は食べ物の判別、なわばりの誇示、また仲間同士のコミュニケーション手段など、さまざまな目的で嗅覚を駆使しています。また、猫の鼻の機能は嗅覚だけにとどまりません。

マッシュルームの輪切りではありません

マッシュルームの輪切りではありません

優れた呼吸器でもあり、空気中のウィルスをブロックする役割も

健康な猫は、犬のように口を開けて呼吸はしません。猫は鼻を使って呼吸をします。
鼻から吸い込まれた空気は鼻腔を通る際に体温によって効率よく温められ、肺に直接冷気が入ることを防いでくれます。さらに吸気を加湿し、空気中にふくまれるウィルスやホコリなどの異物をろ過する働きをします。
ちなみに猫の鼻がつねに湿っているのは決して鼻水ではありません。これは鼻の穴の内側から出ている分泌液によるものです。猫はこの分泌液を使って臭いを分析したり、臭いの方向(風向き)を感知していると考えられています。

なぜフレーメン反応をするの?

猫の鼻には「ヤコブソン器官」という左右一対の管状の器官も備わっています。
このヤコブソン器官は私たち人間にはすで退化して無くなっているものですが、多くの動物にはまだ残っている嗅覚器官です。哺乳類の場合、ヤコブソン器官は一般的な嗅覚を感じるのではなく、性フェロモン物質を嗅ぎわけることに特化しており、臭いを感知する神経とは異なる神経経路で脳に伝わります。
管は口の中の上あごと繋がっており、性フェロモンをキャッチすると、もっとよく嗅ぎとろうと導管をひらいて空気にさらします。そのため、猫の口はぽかーんと半開きになるのです。決して相手や自分のお尻の臭さにまいって放心状態になっているのではありません(笑)
見た目にはちょっとコミカルでも、猫にとっては貴重な情報を収集している大事な時間だったりします。

ナメナメ♪楽しくセルフグルーミング中

ナメナメ♪楽しくセルフグルーミング中

「アッ!!」ただいま、フレーメン反応中・・・

「アッ!!」ただいま、フレーメン反応中・・・

このフレーメン反応は、猫のほかにも、犬や馬など多くの動物にもみられます。

 

文/こしあんブルー
キャットケアスペシャリスト
キャットシッター