ねこラム

ネコに関する資格ってどんなものがあるの?


大切な猫の気持ちをもっと知りたい、愛猫が年を取ったときに自宅できちんと介護してあげたい。猫に関する仕事をしてみたい。大好きな猫についてもっと専門的に勉強してみたいと思ったことはありませんか?

動物に関する資格のうち国家資格は獣医師だけです。さすがに獣医師はハードルが高いものの、民間資格ならば仕事をしながらも取得できます。せっかく時間をかけて学ぶならば、より実践的な資格を目指したいものです。今回は私の体験談もふまえて、そのうちの2つを紹介いたします。

できるだけ長く一緒に

できるだけ長く一緒に

1.キャッテリーやペットホテル運営も目指せる 愛玩動物飼養管理士

公益社団法人日本愛玩動物協会によって認定登録される資格。

<主な流れ>
1級と2級があり、2級に合格すると1級が受験できます。申し込みは春期と夏期の年2回。

猫を含む小動物の飼養管理(2級)、栄養学や疾病とその予防方法(1級)などについて学んでいきます。

基本自宅での学習ですが、一日のスクリーニングが必修です。春期は全国主要都市でのスクリーニングが可能ですが、夏期は、東京、名古屋、大阪、福岡の4か所のみの実施ですので注意が必要です。最後に各試験会場にてマークシート方式の試験を受けて合否を待ちます。

本資格は、動物取扱責任者の資格要件にあてはまりますので、登録申請を行うことによって、キャッテリーなどの第一種動物取扱業も行うことができます。仕事にも結びつきやすい上、受験料や認定登録料も比較的安いため、目指しやすい資格といえます。

 

愛玩動物飼育管理士について
※夏期申込:8月の最終の平日必着

2.猫に特化した幅広い基礎知識を キャットケアスペシャリスト

一般社団法人 日本ペット技能検定協会によって認定登録される資格。

<主な流れ>
猫に関する資格といっても小動物全般について学び、そのひとつに猫が属しているという場合が多い中、本資格は猫に特化しているのが魅力です。
申し込みは随時可能。学習、質問、課題のすべて自宅で好きな時間に行え、最終課題に合格することで資格の取得が可能です。

600ページ以上の専門テキストを使って、猫の基本飼育管理から美容学、看護学、介護学、繁殖学、生態学までをマスターしていきます。さらに、アニマルセラピーやペットロスなど現代で関心の高まっている臨床心理分野についても学ぶことができます。修了後は、キャットケアスペシャリストとキャットシッターの2つの資格の申請が可能で、筆者はこのたびその2つを取得いたしました。
キャットシッターはこれから需要が高まっていくお仕事のひとつかもしれません。

嬉しい認定証書♪

嬉しい認定証書♪

キャットケアスペシャリストについて

 

大好きな猫についての知識を深められるとなると、学習も楽しいものです。

次は、愛玩動物飼養管理士の2級を目指してみたいと思っています。

しかし、机の上にテキストを広げていると、必ずといっていいほど猫たちが邪魔をしにきます・・・(笑)

猫の勉強を邪魔する猫

猫の勉強を邪魔する猫

 

文/こしあんブルー