ねこラム

猫草ってあげたほうがいいの?


私たち人は、お肉と野菜をバランスよく食べて栄養にします。
「健康のために野菜をもっと食べましょう!」と言われたりするほど、野菜は人の食事には大切です。一方、猫は本来肉食動物です。しかしそれでも、しばしば草を食べたりします。これはいったいナゼなのでしょう。

猫草は猫にとっての嗜好品

ペットショップや園芸店では猫用の草、いわゆる「猫草」が売られています。猫草は燕麦(えんばく)というイネ科の植物の若葉で、別名カラス麦ともいいます。
すべての猫が猫草を食べるわけではなく、熱烈に欲しがる子がいる一方で、鼻先に突き出してもまったく食べようとしない子もいます。わが家でも年長の子は好んで食べますが、年若の子は興味を示しません。いずれも短毛種です。

このようにすべての猫がほしがるわけでもないことから、猫が草を食べる行為は栄養の補給とは考えにくく、人間にとってのコーヒーやガムといった嗜好品に近いものと考えられています。ほかには胃酸過多で胸焼けがしているときの胃腸の調整や洗浄、胃を刺激して毛づくろいの際に飲み込んだ毛玉を吐き出す目的などの解釈もあります。

匂いを嗅ぐだけで、興味を示さない子も

匂いを嗅ぐだけで、興味を示さない子も

ちなみにわが家の猫はすでに育った状態で売られているものよりも、種から育てた草のほうをより好みます。後者のほうが草も太く立派に育ち、長く持ちます。

食べすぎは逆効果!

いくら好むからといって、猫に好きなだけ猫草を食べさせるのは逆効果です。猫草を食べるたびに吐くということはありませんが、大量に食べるとかなりの確率で吐き戻します。吐く行為は体力を消耗するほか、食道炎などの病気をまねくこともあります。特に胃腸の弱い子や老猫にはかなりの負担になることは言うまでもありません。できるだけ毛玉は吐かさせずに、ウンチと一緒に排泄させるのがベストです。市販されている毛玉ケア用のキャットフードを利用したり、特に長毛種の場合はこまめにブラッシングすることで愛猫がなるべく毛を飲み込まないようにケアしてあげることが大事です♪

わが家では、一日三本までと決めています

わが家では、一日三本までと決めています

野菜の中には猫にとって危険な食材も!

猫草を食べるからといって、人間用の葉野菜を猫に与えるのはたいへん危険な場合があります。例えば、ニラやネギは猫を死に至らしめる危険があり、絶対に与えてはいけません。一方で、ほうれん草や小松菜などは猫の体にも良いといわれています。わが家の猫は生で食べられるサラダ用のほうれん草も食べます。いずれの場合も無理にあげる必要はなく、かかりつけの獣医さんに相談した上で与えるようにしてくださいね。

みずみずしいほうれん草をムシャムシャ

みずみずしいほうれん草をムシャムシャ

 

参考文献
「0才から2才のネコの育て方」高橋書店
「かわいい猫の飼い方・しつけ方」ナツメ社

 

文/こしあんブルー