ねこラム

もしかして、うちの猫って変わってる? ~人間みたいに座る猫~


猫はとても体が柔らかいことで知られています。猫は体全体で250本ほどの骨を持ちます。人間と比べて約40本ほども多く、さらに骨と骨をつなぐ関節も人間や犬などと比べてはるかにしなやかです。たとえば、猫の椎骨をつなぐ靭帯や椎間板は強靭かつ柔軟です。

自分の体のあらゆる部位を簡単に舐められる(セルフグルーミング)など、猫特有のやわらかい体の動きは、柔軟な骨格結合によって可能となっています。そして、実にさまざまな姿勢で寛ぐことができるのです。

信頼のしるし、オジサン座り

猫のくつろぎ方(座り方)といえば、前足と後ろ足の両方をきれいに体の下に折りたたんで楕円に近い形になる「香箱座り(こうばこすわり)」、前足を地面につけて後ろ足を横に投げ出す「横座り」などがまず思い浮かぶでしょうか。このほかにも、私がとても好きな猫の座り方があります。
例えば就寝前などのゆるやかな時間、ふっと傍らの愛猫を見ると、お尻をどすんと下につけて両足を開いてグルーミングしていることがあります。

「なにかご用ですか?」

「なにかご用ですか?」

この座り方は「オジサン座り」、あるいはスコティッシュフォールドがよく行うことから、「スコ座り」とも呼ばれているそうです。両足を投げ出しているときには直ぐには動けません。さらにお腹もみせているということは、相当にリラックスをしている証です。猫を飼い始めてこのオジサン座りがみられたときは、飼い主さんや身の回りの環境を信頼し始めたと考えても良いのではないでしょうか?

わが家の猫に関して面白いのは、グルーミングが終わってもゴロ寝をせず、しばらくこのままの姿勢を保っていることです。さらにクリクリとした瞳でジーッと私を見つめてきたりします。もはや猫には見えません。

オジサン座りのままくつろいでます…

まるで、ぬいぐるみ??

まるで、ぬいぐるみ??

そんなオジサン座りを俯瞰で撮影

このオジサン座り、時間があれば、ぜひ真上から俯瞰で撮影してみてください。頭が大きく、手足がすごく小さく華奢に見えます。ただでさえ可愛いオジサン座りが、さらに面白く個性的に撮れたりしますよ♫

上目づかいが華を添えます☆

上目づかいが華を添えます☆

※もし猫が一日中この座り方をしているときには、手足の関節を痛めているということも考えられます。ふだんの歩き方がおかしくないかなどよく見て、異常がみられる場合は病院で診察を受けさせる必要があります。

 

参考文献
「かわいい猫の飼い方・しつけ方」ナツメ社

 

文/こしあんブルー