ねこラム

飼い猫たちのダイエット計画記録~2~


◆前回のあらすじ
我が家の肥満猫たち、飼い主はもう何年も見て見ぬふりをしていましたが、ついに主治医から注意を受けます。二匹ともシニア猫になりつつある今、再度ダイエットの計画をたてることになりました。前回は今まで実行したダイエットが失敗に終わったというところまでのお話でした。

◆我が家の猫の紹介
名前:ジャズ(雄/10歳)・・・現在の体重、約8kg
名前:チモシー(雌/7歳)・・・現在の体重、約7kg

 

ダイエットに有効なのは運動?食事制限?

ダイエットと聞くと、運動や食事制限という言葉がでてくるのではないでしょうか。
しかし猫の場合は、人と違って自分の意志でダイエットをするわけではないので、飼い主がうまく誘導してあげなければいけません。

 

・運動をする
運動をさせる場合、どのように猫の体を動かしてあげるのかを考えます。一番は大きな動きで遊べる(猫じゃらし等)おもちゃでしょう。でもこれ、飼い主も一緒に動くことになるのでかなり大変です。。そこでおすすめなのが、猫が一匹で遊びながら動けるボールです。

  ペットセーフ ファンキティー エッグササイザー

不規則に動くボールを上手に転がして中の餌やおやつを出すという仕組みです。猫といったらボール!おやつ欲しさに頑張って体を動かしてくれるかもしれません。

 

ジャズもチモシーもボールは好きだし、おやつのためなら体を動かすほどの食いしん坊なので、これは効果があるのではないかと思っています。

そして、場所さえ確保できればかなりの運動量が期待できるのがキャットタワーです!

  

キャットタワー自体に遊びの工夫があったり、登ったり下りたりするだけで運動不足を解消できます。置く場所のスペースが確保できれば猫にとっては大興奮間違いなしでしょう。
しかし・・・我が家の猫たちはキャットタワーの上で寝るだけで、遊んだり登ったり下りたりすることはほとんどありませんでした(泣)これは失敗談ですね。

 

・食事制限をする
食事制限といっても急激なフードの減少は、猫にとって大きなストレスとなるためおすすめできません。まずは食事を小出しにして1回あたりの量を減らしてみたり、徐々に1日当たりのカロリーを減らしてみたりするのがいいようです。我が家も餌を小出しにするやり方はうまくいっていたので(猫が給餌器を倒すまでは・・・)こちらは効果があると思います。

 

さて、上記を踏まえたうえで、我が家もついに再ダイエット実行に移りたいと思います!!
次回、ダイエット開始です!!

 

文/うめぼし