ねこラム

猫が住みやすい家づくり


 

猫を初めて飼うとき必要なものはたくさんありますが、その道具を配置する場所や、部屋の間取りも大切です。では、猫が住みやすい家とはどんな家なのでしょうか。

猫は外を見るのが好き

家猫の場合、猫が外へ出られない分、猫に外の景色を見せてあげるといいと言われています。猫が窓の外を見られるように窓付近にキャットタワーを設置したり、賃貸では出窓付きの部屋を選んであげるといいでしょう。猫が通りゆく人や車を眺めたり、電線に止まった鳥に聞いたこともない声をだしたりする姿が見られるかもしれません。

ソファの上でリラックス~♪

ソファの上でリラックス~♪

トイレは人通りが少ない場所へ

猫のトイレを設置は人通りが少ない場所や飼い主の目が届く場所が最適とされています。
理由としては、猫が落ち着いて排泄をできること、そして飼い主が猫の排泄チェックをしやすいので、猫の体調の変化に気づきやすいというのがメリットとしてあげられるからです。ただ、トイレの置き場はその家の広さや置くスペースがあるかないかによっても変わってきます。また、猫目線で考えると上記のような場所がよいとされていても、来客があった際の臭い問題や、掃除のしやすさなどを考えると、その家にあった最適な場所を見極める必要があります。
我が家は今まで3ヶ所の家で猫と過ごしましたが、いずれも脱衣所に猫のトイレを設置していました。脱衣所は人の出入りも少なく、トイレを洗う際にもお風呂場がすぐ隣にあるのでおすすめです。

ご飯や水飲み場はどこが最適?

ご飯もトイレ同様、猫にとってはゆっくりと落ち着いて食べたいことから出来るだけ人がバタバタと行きかう場所や騒がしい場所は避けたほうがいいかもしれません。水飲み場は家の中に何ヶ所か設置してあげると猫が水を飲みたいときにすぐ飲めていいですよ。
また、猫がご飯を食べている様子を見て、食べ辛そうな姿勢をとっているようであれば、食器台を置いてあげましょう。

運動不足を解消!!

家猫は外猫に比べて運動量が少ないので、肥満になりやすいと言われています。
普段から猫が運動できるように、キャットタワーやキャットウォークを設置してあげるといいですよ。これから家を建てる方は階段にひと工夫することによって、猫にとって新鮮で楽しい遊び場になること間違いなしです。

キャットタワーのてっぺんがお気に入り。

キャットタワーのてっぺんがお気に入り。

猫用ドアもおすすめ

賃貸では難しいと思いますが、猫専用のペットドアもおすすめです。
我が家は冬場の寒い時でも、猫のために必ず寝室のドアをあけて寝ていましたが、このドアをつけてからは猫が自由に行き来できるのでとても快適になりました。さらに、トイレを設置している脱衣所のドアにもつけているので、猫砂がほかの部屋に飛び散るのが大分軽減されました。

猫にとっての快適な暮らしは、その子その子によって変わってくると思います。猫を迎え入れたら、日々猫を観察しながら猫にも人にも過ごしやすい家をつくっていきましょう♪

 

文/うめぼし