ねこラム

猫がネズミに飽きたなら


こんな遊びはいかがでしょう?

私は猫と遊ぶのが大好きです。1日、5分~10分一緒に遊んであげるだけでも、猫たちのストレスや運動不足の解消となるだけでなく、「お、この子はこんな遊び方が好きなんだ」などとその子の好みや性格がよく分かります。我が家には2匹の猫がいますが、ネズミのオモチャひとつとっても遊び方は全く違います。年長の子は発見型の遊び方が好きなようで、つりざお型の猫じゃらしの先に結わえたネズミをあえてタオルの下に隠して誘ってあげるなどのひと工夫があると狩猟本能が大いに刺激されるようです。年若の子はとにかく追いかけるのが大好きです。ネズミをぽーんと放ってあげると、電光石火のごとく駆けていき、得意満面でネズミをくわえて戻ってきます。そんな持って来い遊びが大好きなエネルギッシュな猫さんがネズミに飽きたら、ぜひオススメしたいのが・・・
綿棒です!

ソファの隙間から
綿棒にくぎ付け(笑)
綿棒にくぎ付け(笑)

綿棒遊びは、経済的&衛生的

わが家では猫たち愛用の5個入りのネズミのオモチャをストックしていますが、一度の遊びでクタクタになってしまうことも多く、とはいえ毎回新調するのもちょっと不経済・・。その点、綿棒ならば安価な値段でたくさん入っているので、毎回新しいもので遊んであげることができます。遊び方はいたってシンプル。放り投げてあげると(思いのほかよく飛びます)ダッシュで追いかけていきます。好きな子だとくわえて戻ってきてこれを何往復もせがみます。毎回シャキッと新しい綿棒だと猫さんも張り切りますし、衛生的な気がします。(ただし、100均の綿棒だと軽すぎてあまり遠くに飛ばず盛り上がりに欠けることも・・・(-_-))
軽いので床に落ちた際にもほとんど音がせず、マンションなど集合住宅の場合も下階の方への音の響きも軽減されますね。この綿棒を使った遊び、10分でも猫にとってかなりの運動量になるので、わが家では「綿棒部」と呼んでいます。

綿棒部の活動の様子

難点は、すぐに綿棒がどこかに消えてしまうことでしょうか。
我が家では模様替えの際に、絨毯や家具の下から綿棒が何本もでてきます・・・。

皆さんの猫さんもぜひ、ネズミに飽きたら綿棒部に入部してみてはいかがでしょう(*’▽’)

ひとり遊びにもグッド!
ひとり遊びにもグッド!

 

文/こしあんブルー