ねこラム

注意!猫にあげてはいけない食べ物


我が家では飼い主の食事中、猫が人間の食べ物をちょうだい~と催促してくることがよくあります。でもいざ「仕方ないなぁ」とあげようとすると、あれ?これはあげてもいいのかな?と迷うときがしばしば出てきます。
今回は猫にあげてはいけない食べ物の中で、とくに危険とされるものをいくつかご紹介します。

これはダメ!危険な食べ物

タマネギなんていらな~い!

タマネギなんていらな~い!

1. タマネギ・ネギ・ニンニクなどのネギ科
こちらは有名ですが、ネギ類は猫にとって毒性があるので絶対にあげてはいけません。貧血・下痢・尿が赤くなるという症状がでることがあり、猫によっては最悪、死に至るケースもあります。加熱したものでも毒性は消えないので、絶対に駄目です。

2. 生肉
生の豚肉には‟トキソプラズマ“という寄生虫がいることもあるので注意が必要です。
また食中毒になる恐れもあるので、生肉は火を通してあげたほうが安心です。

3. チョコレート・ココア
中毒になる成分が含まれていて、下痢や嘔吐などの症状がでます。
摂取した量によっては突然死する場合もあるので、絶対に与えないようにしましょう。

4. 人間用の牛乳
これは知らない人が多いかもしれませんが、牛乳に含まれる乳糖を体内で分解できず下痢を起こしてしまう場合があるためです。猫用のミルクを与えるようにしましょう。

5. 刺身などの生魚
刺身といっても色々な種類がありますが、特に危険なのがイカや貝類です。
これらを摂取すると「ビタミンB欠乏症」や「光線過敏症」という病気になってしまいます。

まだまだある!猫にあげてはいけない食べ物

猫に与えてはいけないものはまだまだあります。

カフェイン ・・・興奮作用があるので危険!

生卵 ・・・大量摂取で皮膚炎や結膜炎になる可能性あり。

アボカド ・・・嘔吐や下痢、呼吸困難などの症状がでる。

香辛料 ・・・嘔吐や胃腸に負担をかけてしまう。

魚や肉の骨 ・・・器官などに刺さってしまう危険がある。

これは食べてもいいかしら・・・??

これは食べてもいいかしら・・・??

私も猫を飼い始めた頃はよく分からず、アニメで猫に牛乳を与えるシーンを見ていたこともあり、人間用の牛乳を飲ませてしまったこともありました。基本的に人間の食べ物は与えないほうが安心ですが、飼い主さんがきちんと調べた上で、量などを考慮しながら一緒に同じものを食べる楽しさがあるのもいいかもしれませんね。

ライター名:うめぼし

参考文献
「はじめてのネコ 飼い方・しつけ方」日本文芸社