ねこラム

新連載『れんコテ』特別企画
柴田亜美先生×THE BLACK SWAN 煉さん対談インタビュー


※煉の本来の表記は“火”に“柬”となります。
いよいよ、2018年1月22日からねこねこ横丁にて『れんコテV系バンドマン×やんちゃネコの育猫奮闘記』が配信開始!!

動物バラエティ番組『生き物にサンキュー!!』で話題になったヴィジュアル系バンドTHE BLACK SWANのドラマー・煉さんと超わんぱく猫・虎徹くんの日々を『南国少年パプワくん』『自由人HERO』の柴田亜美先生が描く注目作です。
配信を前に、二人の出会いから、犬派と猫派、漫画家とバンドマンの垣根を越えた作品に対する想いを語り合っていただきました。

<前編>

編集部(以下、編):もともと二人は知り合いだったのでしょうか?

柴田先生(以下、柴)煉くんの所属している事務所のほかのバンドの方が個人的に知り合いで、社長も知っていて、あるときライブに行ったら「柴田さんのファンがうちにいるんですよ」って紹介されたのが煉くん。
煉さん(以下、煉)小さいころから漫画が好きで学校の休み時間とか漫画を自分で描いたりするくらい、ドラゴンボールとかハマってました。
当然、柴田亜美先生のことも知ってました。実際会ったら「うわ!本人じゃん!」って驚いて。
私は本名で漫画描いてますし、単行本の著者近影も自前の写真使ってましたから知ってたんでしょうね。
でも私は、煉くんが出てたTV番組の『生き物にサンキュー!!』は最初まったく知らなくて、後で映像を観てすごく人気があるんだと驚きました。

『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』は、TBS系列で水曜日19:00から放送されている、動物・バラエティ番組。

編:写真集が発売されるほどの人気猫・虎徹くんの名前の由来と、この漫画の企画が立ち上がるまでの経緯とは?

最初は煉くんに虎徹くんのことをエッセイでも書いてみなよって話していたのが、いつの間にか私が漫画描くことになって。
正直、犬派なので猫を描ける自信はなかったのですが、話を聞けば聞くほど漫画のようなエピソードばかりだったので、これは単なるエッセイ漫画ではなくて私が得意とするギャグストーリー漫画として充分成り立つなと思って。
煉くんはちょっと天然ボケで、虎徹くんのことも間違えて「コタロウ!」って呼んだりするから、このダメっぷりが漫画になるな、って。
そうなんですよ。
僕、スケジュール管理なんかもホント適当で、予定に日付だけは入ってて、後で見たら何をする日なのかメモしてなくてわからないから、あわてて「今日何の日でしたっけ?」って柴田さんに聞いたり。
ねこねこ横丁の取材の日だよ!
虎徹の名前も、拾ってすぐはまだ名前決まってなくて友達と電話で話しながら和風っぽいカッコイイ名前にしたいって話になって、日本刀に虎徹ってのがあるから「コテツ!いいねぇ!よーし、お前は今日からコタロウだ!」って素で言ってましたから。
ただ本業は音楽だし、虎徹と自分のことを漫画にしたいって思っても何から手をつければいいかわからないし、なかなか自分じゃ描きだせなかったんで…。

煉くんは、「今ダイエットしているから乳製品は控えてます。」と言った直後に、コーヒー淹れてあげたら「ミルク入れてください!」と言うし……。
そもそも、この企画は集英社で連載していた月刊少年ジャンプ時代の初代担当編集だった方に持ち込んだのがきっかけで、今も昔と変わらずとてもエネルギッシュな方だったので再会して、すぐに連載決定のお返事をいただきました。
煉くんはテレビ出演のきっかけはなんだったの?
虎徹を拾って、twitterに画像UPしてみたものの、あんまりにも幼すぎて何をどうすればいいかわからない。
おそらく生後そんな経ってないから「どうすりゃいい?」ってtwitterで聞いたらいろんな返事が来て、一気に拡散してリツイート数も伸びてトレンド入りしてテレビ局から声がかかったんです。

虎徹くんを拾ったときの秋田のご実家の反応はどうだったの?
音楽で一人で食べていけるかどうかもわからないのに、「猫なんか飼って大丈夫なのか?」って心配されました。
テレビに出るようになってファンは増えた?
ライブの後、握手会とかがあると「虎徹くんのサインください!」ってファンの方が来るようになってびっくりしました。そんなサイン考えてもいないし!
虎徹くんのサインなんてどうしたの?
その場で急きょ考えて猫の絵を描きました。それからはそういうファンの人のために虎徹のサインを考えて練習しました。虎徹、こてつ、kotetsu…、いろんなタイプのサインを。
でもファンの方からのプレゼントも虎徹用の缶詰とかドライフード、猫用おもちゃがあまりにも増えたので事務所にファンからのプレゼントが届いても「どうせ俺のファンじゃないんでしょ?」ってなっちゃって。
テレビで虎徹くん見てプレゼントするのはファンというより母心ね。
それで煉くんはすっかり、やさぐれちゃってたんだ。
でも、2年前に虎徹を拾ってからすぐ今の事務所も決まったし。事務所もとってもイイ事務所で幸運の猫ですよ。

生まれたばかりで弱々しい子猫だった虎徹くんが成長するとともに、周りの人とのつながりもどんどん広がって、まさに『まねき猫』のような虎徹くんの存在に煉さんも柴田先生もメロメロのようです。

<後編>

編:今回、煉さんのバンドツアー中に虎徹くんを柴田先生の仕事場で長期間預かってもらうことになったそうですが、不安などはなかったでしょうか?

うちの虎徹と柴田先生の飼ってるチワワ・伽羅(きゃら)ちゃんとの相性は大丈夫でした?
全然大丈夫! 今まで私はずっと犬しか飼ったことがなかったので、まさか猫と一緒に寝る日が来るなんて…。
虎徹のために仕事場にわざわざキャットタワーやおもちゃもそろえてくれたんですよね?
そう。でも結局、虎徹くんが一番気に入ってくれたおもちゃはお掃除用スポンジなんだけど。
せっかく用意したものも気に食わないと使わないっていうところがやっぱり猫らしいというか。

僕は逆に犬は飼ったことがなくて。柴田さんは虎徹に血が出るほど噛まれませんでしたか?
いや、それはない! 最初は確かに虎徹くん預かったら噛まれて顔にブラックジャックみたいな傷ができたらどうしようかと思ってたけど。
うちの犬とも仲良くて、もしかしたら虎徹くんの性格が前に飼ってたポメラニアンと似てるからかも。
それと、猫の肉球って犬と違って柔らかいのが発見だった!
今回、虎徹くん用にキャットタワーを買って虎徹くん専用の部屋を用意してたんだけどまずじっとしてることがなくて、散々捜し回った挙句、虎徹くんはキッチンの冷蔵庫の上にいたりして…。

僕もアパートにいるとき、ふと気が付いたら、どこ捜しても虎徹が見つからない!
やべぇ脱走しちゃったかな?って思ったら、やっと見つけた虎徹がドラムの中にいたことがあって、そのドラムセットは値段が超高かったから血の気が引きましたけど。
あ、私は仕事場のコピー機の上に虎徹くんが乗ってたとき血の気が引いたわ。
虎徹ってめちゃめちゃ朝早く起こしにきませんか?
あるある。やられて初めて「あ~コレが煉くんが言ってたやつか~」って。
猫は良く寝る。「寝」る「子」だから『ねこ』だって聞いてたのに虎徹くんは全然寝ない。でも早朝…ていうかほとんど深夜に起こされても猫のせいで寝不足っていうのは苦にならない不思議!
うちで使ってた自動エサやり機、ちゃんと作動してます?
※設定した時間になるとタンクから一食分のドライフードが出て同時に録音した飼い主の声も流れる自動エサやり機。
なんか作動する時間がどんどん早くなってる気がする…。
もしかしたら虎徹くんの仕業? あ、録音されてた煉くんの「こてっちゃーん、元気ー?」の声消えちゃった。
あんまりにも早く作動するから、良くわからないまま私が機械のボタン連打したせいかも…。

たぶん柴田さんが押したんだと思います(笑)。あと、虎徹はよくおしゃべりするタイプだと思うんですけど。
確かにね。朝、虎徹くんが仕事机の上に座って「にゃ~ん」って甘い声を出して私の顔をなめた後、鼻を甘噛みするのがいつもの日課!
僕の場合は、ライブの後メイクを落として帰ると化粧品の匂いがするみたいで虎徹はずっと顔の匂い嗅いでます。
猫が人に懐くのに、男女差ってあると思う?
男女差よりは、(猫を)よく触る人か放っておく人かで違いがでるのかも。
それは確かにそうかも。猫はあんまり構われるの嫌いだし。
あと虎徹くんは『かくれんぼ』っていうか『だるまさんがころんだ』みたいな遊びしない?これも犬にはない頭のいいところだな~って。
※人間の後ろをついてきて、人間が振り返ると猫がピタリと止まり、人がまた歩き出すと猫も動き出す…遊び?

狭いですけど僕のアパートでもその遊びやります!
虎徹は食が太くも細くもなく、意外にテーブルの上の飲み物とかにもイタズラしないので、そのかわりに他ではご存じの通りよく遊ぶんです。ゆっくり寝るってことがまず無い。
遊ぶっていうより、暴れるよね(笑)。
うちでは電話で仕事の話してても「早く終わって」って言ってるみたいに鳴くことがあるし、虎徹くんが窓越しに外を見て鳥に興味津々だけど、普通の鳥とカラスを見て鳴く声はまた違うみたい。
カラスには威嚇するような低い声を出すからね。いつか虎徹くんと外を散歩してみたいな…。

犬派、猫派はどこへやら。早起きを強制されようと大切なソファに爪を立てられようと一緒にいる間は虎徹くんの存在そのものが生活の中心になってしまった柴田先生。
煉さんと同様に虎徹くんに対する興味は尽きないようです。
テレビではわからなかった生まれたての虎徹くんやTHE BLACK SWANの先輩のことも、虎徹くんを育てるため七転八倒する煉さんの毎日を追体験できる連載のスタートをお楽しみに!!

『れんコテV系バンドマン×やんちゃネコの育猫奮闘記』は1月22日からねこねこ横丁にて配信開始!!

れんコテ公式twitter
@lenkoteofficial

出典URL
「ねこねこ横丁」回覧板
12月22日 掲載「新連載『れんコテ』特別企画 柴田亜美先生×THE BLACK SWAN 煉さん対談インタビュー<前編>」http://comip.jp/nekoyoko/kairanban/2017/12/22/lenkoteinterview/

1月12日 掲載「新連載『れんコテ』特別企画 柴田亜美先生×THE BLACK SWAN 煉さん対談インタビュー<後編>」http://comip.jp/nekoyoko/kairanban/2018/01/12/lenkoteinterview/