ねこラム

【ロン日記】引越しエピソード


こんにちは!編集部のまっすーです。
前回、実家で猫を飼い始めたときのお話を紹介いたしましたが、
今回は、私が一人暮らしを始めたときから現在までを紹介します。

実家にはロンとタツの2匹がいましたが、
もともと私の猫として引き取った「ロン」を一緒に連れて行くことにしました。

1.家探し

まず、猫を飼える部屋探しから始まりました。
私の場合は職場の近くという条件があったので会社近辺の「ペット相談可」の項目でネットの賃貸検索サービスを使って部屋を探しました。
ペットを飼う際は、通常の敷金礼金とは別に、追加で料金が発生することがあるので注意が必要です!
一人暮らしの予定でしたが、狭すぎると猫のストレスになるかと思い、若干広めの部屋を借りることに。

ロンの部屋

2.猫用品の準備

実家から持ってきたものは、トイレ・ご飯入れ・水入れで、
爪とぎやトイレの砂、餌やおもちゃは自身の引越し後に購入しました。
一番大変だったのが、部屋の壁に爪とぎ防止のシートを貼ることです。
100円ショップで猫の爪とぎ防止シートをまとめて発注し、部屋の壁に地道に貼っていきました。賃貸なので、壁などをしっかり守っておかないと退去費が高額になってしまうこともあるそうです。

3.猫の引越し

私が引っ越して、落ち着いた頃に猫を連れて来る予定で進めていたのですが、いざ実家に迎えに行ったところある問題が起こりました。

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> ロンが嫌がってバッグに入らない! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

もともと臆病な性格で、実家に来てからも猫同士でずっと一緒にいたので、
私や母親は少し撫でさせてもらえるくらいで、抱っこもさせてもらえませんでした。
なので、捕まえることはおろか、バッグを警戒して近づこうともしませんでした。
それどころか逃げ回って怯えた顔で「うぅ〜〜〜」と鳴くロンがすごくかわいそうになってしまい、結局迎えに行った日はロンの逃げ切りで一時休戦・・・。

こっちを見るロン

後日、どうやったらバッグに入るか母親と考えて実行した作戦がこちら

①バッグの奥に餌を置いておびき寄せる
餌は食べるのですが、人の気配に気づいてすぐ逃げてしまい失敗。

②おもちゃを使ってバッグの中まで誘導する
バッグの近くになると、バッグを警戒しておもちゃを追っかけなくなるので失敗。

③洗濯ネットで捕まえる
最終的にはこれで無事捕獲できました!

私が仕事をしている時に母親から「ロン捕まえたから今からそっち行くね!」とLINEが。
洗濯ネットでの捕獲はネットで検索して出てきた方法で、野良猫の捕獲や暴れる猫をおとなしくさせたりと有名な方法らしく、ロンも捕獲後はおとなしくバッグに入ってくれました。

4.引越し後の様子

母親が実家からロンを運んできてくれて、部屋に放した時の様子がこちら

怯えるロン

バッグからそーっと出てきて、ロフトベッドの階段の奥に避難していて、かなり怯えた表情。
その日の夜は、階段の下から出て少しうろうろしていましたが、ご飯は食べず、トイレも行かず、そんな日々が2日続きました。
3日目にはご飯も食べてトイレもしてくれて一安心です。

また、引越し後少し変わったことというと、実家の時にはほとんど鳴かなかったロンがよく鳴くようになりました。これに関してはまた後日記事にして紹介したいと思います。

5.ロン引越しから1週間後

そんなこんなで、約1週間後にはこんなリラックスした姿に。

ゴロゴロしてるロン

慣れるまでもっと時間がかかると思っていましたが、あっさり新居に慣れてくれて嬉しかったです。

引越しエピソードいかがだったでしょうか?
元々野良猫だったり、警戒心が強く人が苦手なタイプの猫は引越しするのが大変だと思います。
無理やり捕まえてバッグに入れるのもすごく可哀想になってしまうのですが、ずっと追いかけたり中途半端に罠を仕掛けて失敗する方が、不信感や恐怖心を煽ってしまうので、捕獲する覚悟をしっかり持って挑むことが大切だと思いました。

少しでも、これから猫と一緒に引越しする方の参考になればと思います。