ねこラム

寒い日に猫を置いて外出しても大丈夫?


寒い日に猫を置いて外出しても大丈夫? 猫って寒さに強いの?

いろんな理由でやむを得ず、飼っている猫にお留守番をしてもらわなければいけないときってありますよね。でも、さむ~い冬に猫を暖房なしにおいていっていいものなのでしょうか?

猫の基礎体温は38度。人間よりも寒さに弱い!
ロシアンブルーやノルウェイジャンフォレストなどは寒さに強いといわれており、種類によっても異なりますが、猫はもともと砂漠から来たといわれているだけあって、一般的に猫は寒さに強い動物ではないといわれています。やむを得ず猫を置いていく場合は、暖房器具などの対策が必要です。エアコンの温度は25度前後が理想。加湿器があるとなお良いです。

部屋全体に暖房するのに抵抗がある方に良いグッズがあります。

「暖房をつけっぱなしで行くのは電気代が気になる・・・」という方に、猫用のホットカーペットなども市販されています。

【ペット ヒーター ホットカーペット 加熱保護 7シフト温度が自由に調整で、防寒 犬 猫 マットうさぎ小動物などが利用でき、カバー取り外し 替え用(赤と青いカバー付き) 日本語説明書付き 】

これならば寒くなった猫ちゃんが暖を取りにカーペットにきますので安心です。また、噛みつき防止コードなど、動物向けに配慮がされているほか、暑すぎて逃げ場がない、ということも避けられるので、部屋全体にやみくもに暖房をかけてしまうより良い面もあります。部屋の中に暖かい場所と冷えた場所があることで、猫が自分で調節できるようになります。

もっと省エネしたい! ということであれば、毛布と湯たんぽ作戦もあり!

湯たんぽにお湯を入れて、毛布の下に入れておくことで保温効果があります。猫にここは暖かいよ、と教えておけば寒いときには毛布の中に滑り込んで暖を取ります。タオルに巻いて猫ベットに入れておくのも良いでしょう。

【ドギーマン レンジでチンしてぽっかぽか ドットブラウン】

電子レンジ数分で何時間も暖かさが持続します。コードもないので安心して猫をおいて行けます。

細かい配慮が意外に大事。トイレは暖かいところに。

日差しが当たるところなど、トイレを暖かいところに置くことで、ネコのストレスを緩和できます。また、フローリングのおうちの場合は、マットがある場所があると、猫が寒いときに移動できるので良いでしょう。

参考文献
「かわいい猫の飼い方・しつけ方」ナツメ社
「カラー図鑑猫の飼い方~初めてネコを育てる」成美堂出版